ご予約はこちら

会員(無料)なら
最低価格保証
+特典いろいろ

京都初出店、町家を改修した滞在型ホテル

「カンデオホテルズ京都烏丸六角」が6月6日(日)開業
~旧伴家住宅の空間をそのまま生かしたラウンジで京文化を愉しむ~

株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:穂積 輝明)は、伝統的な京町家を現代の生活に合わせてリデザインした「滞在型ホテル」をコンセプトにした「カンデオホテルズ京都烏丸六角」(京都市中京区、地上10階、延床面積約3,453.28㎡)を、2021年6月6日(日)に開業いたします。

京都市登録有形文化財の伝統的な京町家を継承した滞在型ホテル

古き良き京文化と現代の価値観が融合した唯一無二の宿泊体験を提供
当ホテルは、JR 京都駅からもアクセス至便な京都の中心地・烏丸御池駅から徒歩 3 分に位置しており、観光の拠点にも最適な立地に誕生します。レセプション棟、客室棟、大浴場棟の 3 つの棟で構成されており、「カンデオホテルズ京都烏丸六角」の玄関口であるレセプション棟は京都市登録有形文化財である旧伴家(ばんけ)住宅(※)を改修し、お客様が京町家の空間及び文化価値を体験していただけるようにいたしました。強度を保ちつつ、建築的価値の高い梁や柱、襖などの建具を活かした改修を行うには専門知識と高度な技術が必要とされるなか、専門家の協力も得ながら文化財としての価値を継承しつつ、現代の価値観を融合させた形で設計しています。
京町家を継承したレセプション棟と最新のスペックを配備した宿泊スペースを融合させることにより、「暮らすように京文化に触れる」長期滞在でのご利用を想定した、これまでにない新しい宿泊体験の提供を目指します。


詳細はPDFをご確認ください。

(※)伴家住宅とは
居住棟と店舗棟が南北につながる明治期に建てられた京町家。厨子二階造りとなっていて二階の天井が低く、虫籠窓がある。近世後期に完成し、明治後期まで一般的に建築された様式で、中二階ともいう。